HOME >> ヘルプ >> 上手な使い方

Before getting Viewla

購入前にご確認ください

カメラご利用前の準備

Viewla IPカメラをご利用いただく前に下記が必要になります。

無線LAN接続について

Viewla IPカメラご利用時に必ず必要なもの

①上り回線速度8Mbps以上の

 インターネット通信回線

Viewla IPカメラをご利用になるには、インターネット(通信回線とプロバイダー契約)が必要です。

■固定の通信回線をご利用の場合
 上りも高速な光回線のご利用をお勧めします。

■モバイル通信回線をご利用の場合
 Wi-MAXなどの超高速モバイルブロードバンド回線のご利用をお勧めします。※ご利用前に設置場所がモバイル通信回線のサービスエリア内であるかよくご確認ください。
②有線・無線LANルーター
Viewla IPカメラの接続に必要です。
③パソコン
カメラの設定や変更に使用します。万が一、Viewlaシリーズにうまくアクセスできなかった際と、WPSボタン非搭載のルーターでViewlaシリーズをWi-Fi通信を開始する際には必ず必要です。

*上り回線速度とは

インターネット回線速度には上りと下りがあります。上り回線速度が不十分な場合、カメラ映像へアクセスできないことがあります。上り回線速度は8Mbps以上を推奨します。

回線速度はこちらで測定できます。→スピード測定サイト

ご利用可能な録画メディアと用途による使い分け

Viewla IPカメラは以下の録画メディアを使ってカメラ映像を録画できます。

ご使用用途に応じて録画メディアをお選びください。

録画メディア メリット デメリット 備考
スマートフォン
無線LAN接続について
タブレット
無線LAN接続について
映像を見ながら録画できる。
・端末を常に起動しておく必要がある。
・インターネット経由のため、録画が不安定。
-
パソコン
無線LAN接続について
映像を見ながら複数同時に録画できる。
・パソコンを常に起動しておく必要がある。
・(遠隔地の場合)インターネット経由のため、録画が不安定。
-
microSDカード無線LAN接続について
・通信回線の影響を受けずに録画できる。
・数日程度の録画に最適。
・「挿し込むだけ」で設定が不要。
・耐久性に問題がある。
こちらをご確認ください。
NAS
無線LAN接続について
数週間以上の長期間の録画に最適。
・Web設定で設定が必要。
・待機状態になると、すぐに反応せず、動体検知録画に失敗することもある。
LAN内への設置を推奨。
ご利用の場合は、事前にこちらをご確認ください。
▼NASにカメラ映像を録画する場合は、カメラと同じLAN内にNASを設置する事をお勧めします。
NAS(ネットワーク対応録画機器)の場合

各アプリでの再生

各アプリの再生機能の特徴は以下のとおりです。

  CamView CamPlay mCamView mCamViewHD
microSDカード再生
[SD Card Playback] から再生

(カメラからカードを外して、PCに挿し込む必要あり)
[SDカード再生]から再生
[Playback]から再生
NAS再生
[NAS Playback]から再生

[NASを開く]から再生

遠隔再生
連続再生

microSDカード録画について

microSDカードは、比較的短期間の録画保存に適しています。32GBのもので数日間録画できます。

初期設定では、カメラ本体へ挿すと録画を開始し、容量がいっぱいになると古いファイルから上書き保存します。安定録画のためには、書き込み速度の速いClass6以上のカードをご利用ください。より長期間の録画については、NAS(ネットワークアタッチストレージ)のご利用をお勧めいたします。

■microSDカードは消耗品であり耐用回数が決まっています。書き込めなくなった場合は寿命ですので交換してください。

■万一のデータ消失に備え、必要なデータはバックアップを取ることをお勧めします。

■カメラを使用中にデータが消失した場合、データなどの保証は一切の責任を負いかねます。

microSDカードをフォーマットしましょう

すでにお使いのmicroSDカードをViewlaでの録画にご使用になる場合、SDカードフォーマットによるフォーマット(初期化)をお勧めします。

一般的に、パソコンのOSに付属しているフォーマットツールは、さまざまな記録媒体をフォーマットできますが、SDカードに最適化されていない可能性があります。場合によっては、SDカードの性能が低下する恐れがあります。

*フォーマット(初期化)すると、保存されているすべてのファイルが消去されます。ご注意ください。

microSDカード障害について

一部のmicroSDカードについて、耐久性の原因により数週間~数か月で録画が停止する現象が報告されています。カメラを再起動/microSDカードをフォーマットしても録画が再開しない場合は、microSDカードを交換してください。

また、Class6以上のmicroSDカードを装った廉価な海賊版の存在も確認されています。気になる方は、下記の測定ソフト(CrystalDiskMark3)で録画性能を確認してください。

▼録画性能の確認

microSDカードは、製品によっては規格通りの速度が出ていない場合があります。録画が上手くいかない場合は、下記の測定ソフトを使って、microSDカードの転送速度が規格通りに出ているかご確認ください。

転送速度のクラス別一覧
UHS-1ウルトラ10MB/s
Class10超高速10MB/s
Class6高速度6MB/s
Class4標準速度4MB/s
Class2 低速度 2MB/s
このページの先頭へ戻る
簡単IPネットワークカメラ体験Viewla取扱販売店のご紹介ビジネスパートナーメンバーページ
スマートフォン版サイトはこちらをクリック